MENU

女性にも起こるAGA

男性の抜け毛の原因として知られるAGA(男性型脱毛症)ですが、実は女性でもAGAによる薄毛に悩む方が増えているんですよね。

 

女性なのに男性型脱毛症?!M字ハゲとかてっぺんハゲになっちゃうの?!なんて、ちょっと心配になってしまいますよね。

 

女性の場合はAGAでも男性のAGAとは症状が異なるため、FAGA(女性男性型脱毛症)と区別して呼ばれます。一般的なAGAと違い、女性の場合は髪全体が薄くなる事はあっても、男性のように完全にハゲてしまう確率はかなり低いので、その点は安心して良さそうですね。

 

ハゲる可能性が低いとは言っても、薄毛も歓迎したいものではありません。薄毛を進行させないためには、髪のボリューム感を取り戻すのには、どうしたら良いのでしょうか。

 

女性男性型脱毛症という呼び名からも分かる通り、FAGAは男性ホルモンが関係してきます。

 

もともと女性の体内にも男性ホルモンは存在しているのですが、健康的な髪を育てる性質のある女性ホルモンの分泌量が減ってしまったり、加齢やストレス、好ましくない生活習慣によって、髪を抜けやすくする男性ホルモンの分泌量が増えてしまうと、相殺しきれずに髪が細く、抜けやすくなってしまうんですね。

 

暴飲・暴食・偏食・喫煙・ストレス・睡眠不足は、FAGAの進行を早めてしまいます。

 

髪の育成のためにはタンパク質が必要不可欠ですが、脂質の高い肉を食べ過ぎると皮脂の分泌量が増えてしまい、毛穴詰まりから髪の育成を妨げてしまったり、抜け毛の原因となってしまいますので、野菜を中心とした食事を心掛け、髪の主成分のタンパク質は、できれば魚や皮なしの鶏肉から補うようにしましょう。

 

ビタミンA・C・Eはもちろん、B群、鉄分、亜鉛も意識して摂りたい成分ですね。

 

体を冷やしてしまうと、女性ホルモンの分泌量が減りやすくなりますので、下腹部や首の後ろは冷やさないように注意しましょう。

 

不足している女性ホルモンを補うために、イソフラボンやエクオール、ブラックコホシュのようなエストロゲンと似た働きをする食品やサプリを使うのも良いかも知れませんね。

 

薄毛治療 名古屋

2015/12/15 09:06:15 |
女性の方々は、たまに抜け毛でお悩みです。そして女性の場合は、毛髪が抜けてしまう原因は男性とは少々異なります。かなりの高確率で、保湿性に対する問題点が発生しています。そもそも頭皮は、状況によっては乾燥してしまう事が多いです。そして頭皮に対する過剰な乾燥は、毛髪の抜ける本数にも大きな影響を及ぼす傾向があります。男性の場合は事情は少々異なります。ホルモンバランスや脂分などによって抜ける本数が増加する事が多いですが、女性の場合は脂分というよりも保湿性に問題が発生している事が多いです。このため女性が抜け毛を解消しようと考えるならば、まず保湿性を高める事が大切になります。それにも幾つかのポイントがあるので...